スターウォーズ ローグワン 動画

スターウォーズ ローグワン 動画

スターウォーズローグワン動画視聴&字幕吹き替え日本語配信の情報をお届け。

スターウォーズ ローグワン日本語字幕動画・吹き替え動画あり。
スターウォーズ ローグワン 動画 > スターウォーズ ローグワン 動画

スターウォーズ ローグワン 動画 フル

スターウォーズ/ローグワン、最高の一言につきます。4へつながる希望のためにローグ・ワンメンバーの行動に涙を流さずには入られません。スピンオフ作品ではありますが、スターウォーズ作品として素晴らしいです。

スターウォーズ ローグワン動画配信日:2017年4月28日start!

スターウォーズ ローグワンは、下記VOD(ビデオオンデマンドサービス)で貰える特典を利用して再生可能です。

ユーネクストの動画配信

 

⇒ユーネクスト配信(無料視聴可)

スターウォーズローグワン540ポイント

↑登録特典で貰える600ポイントが動画再生に利用できます。

無料お試し期間:31日

⇒ユーネクスト配信

ツタヤの動画配信

 

⇒ツタヤ配信(無料視聴可)

スターウォーズローグワン500ポイント~’(SD/HD画質選択)

↑登録特典で貰える1080ポイントが動画再生に利用できます。

無料お試し期間:30日

⇒ツタヤ配信

ビデオパスの動画配信

 

⇒ビデオパス配信(無料視聴可)

スターウォーズローグワン500コイン

↑登録特典で貰える540コインが動画再生に利用できます。

無料お試し期間:30日

⇒ビデオパス配信






スターウォーズ ローグワンは、7作あるスターウォーズの作品のなかに負けない素晴らしい作品です。デス・スターの怖さはこの作品が一番だと思います。あんなにおそろしいものをつくってしまった帝国軍は従わなければならないのも理解できます。また、今回描かれている反乱軍だって良い子ではいられない、YESマンでいなければならかなった辛さも改めて考えさせられます。そしてさらにスターウォーズを好きにさせる作品になっていること間違いなしです。

スターウォーズ ローグワン 動画 字幕

動画配信にスターウォーズ ローグワンの字幕版があるのを確認済。


スターウォーズ ローグワンの最初の予告を観た印象は、さほどよくありませんでした。

スターウォーズ ローグワンは正直、スター・ウォーズシリーズのスピンオフ動画で、しかもエピソード4の前日譚なんて、馴染みのあるキャラクターはほとんど出てこないし、あまり期待していませんでした。ところが見てびっくり、思いのほかとても面白く感じました。

ギャレス・エドワーズの堅実で渋い演出、キャラの立つストイックな登場人物たち、そして息つく暇もないテンポの良い展開や意外なラストシーンを含む脚本…。特筆すべきは、モフ・ターキン役のピーター・カッシングやレイア姫役の18歳のキャリー・フィッシャーを見事に再現した特撮。

スターウォーズ ローグワンは、スター・ウォーズ・サーガの外伝として格調高い作品に仕上がったと言えるでしょう。

スターウォーズ ローグワン 動画 吹き替え

動画配信にスターウォーズ ローグワンの日本語吹き替え版があるのを確認済。


スターウォーズ ローグワンの特徴は、スター・ウォーズ・シリーズとしては重要なキャラクターに東洋人を2人も起用していること。香港スターのドニー・イェンと中国人俳優チアン・ウェンです。

かつてルーカスがエピソード4のオビ=ワン・ケノービ役を三船敏郎にオファーしていた経緯を考えると、製作陣が特に東洋人をキャスティングすることをためらっていた訳ではなさそうですが、何故かルーカスの息のかかったエピソードには東洋人が主要キャストとして起用されませんでした。

ローグワンでの東洋人俳優の起用には、おそらく時代の趨勢にのっとったポリティカル・コレクトネスへの配慮が関わっていると思われます。しかし、元々シリーズの「フォースを師匠から弟子に伝承していく」というモチーフは、香港製カンフー映画とも一脈通じる点もあり、さほど違和感がありません。

また盲目のドニー・イェンは座頭市を想起させ、やはりローグワンが日本や中国の市場をとても意識した作り方をされている証左とも言えます。